記念館便り ― 記念館からみなさまへ

記念館便り

こちらでは記念館の最新の情報や近況、そして学芸員やスタッフによる日々のちょっとした出来事など、あまり形を決めずに様々な事を掲載していきます。

2024.06.10 6月の映画の日は『タンポポ』を上映いたします

6月に入り、梅雨の時期が近付いてまいりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

今週の木曜日は13日ですので、おなじみ「毎月十三日は記念館で伊丹十三の映画を観よう!」を13時より開催させていただきます。

2024年度、2本目は『タンポポ』上映いたします。13日にご来館予定の方はぜひこの機会にご覧ください。

 

さて、今回上映いたします『タンポポ』ですが、映画をご覧くださった際にご注目いただきたい展示がいくつかございますので、本日はそちらをご紹介させていただきます。

 

1つ目は、常設展示室「七 料理通」で展示をしているラーメン丼。こちらは、映画のラストで新装開店した主人公・タンポポの店で使用されているラーメン丼です。料理スタイリストの石森いづみさんが選んだのだそうです。

映画だと見えづらい丼の模様までしっかりご覧いただけますので、ぜひご注目ください。

 

s-IMG_6324.jpg

 

s-IMG_6325.jpg

 

 

2つ目は、同じく「七 料理通」のコーナーの引き出し内部にございます『タンポポ』の直筆台本と絵コンテです。どちらも渡辺謙さん演じるガンが、大友柳太朗さんの演じる老人にラーメンの正しい食べ方を教えられる場面です。

絵コンテはかなり簡素に描かれているように見えますが、1コマ1コマに描かれた人物の表情は生き生きとしております。

直筆台本は、内容はもちろんのこと、伊丹さんが1984年ごろから伊丹さんが愛用していたオリジナルの原稿用紙にもご注目ください。

 

 s-IMG_6326.jpg

 

s-IMG_6327.jpg

 

3つ目は、企画展示『伊丹十三の「食べたり、呑んだり、作ったり。」』のスペシャル映像コーナーにございます、「伊丹レシピ、私流。」です。2本立てでお送りしておりますスライドショーの1本で、マンガ家・エッセイストの瀧波ユカリさんが『タンポポ』に登場する"最期のチャーハン"をご紹介くださっております。

病に侵された瀕死の母親が家族のために作ったチャーハンを瀧波さんがアレンジしてご紹介。映画の映像も一部ございますので、こちらもご一緒にお楽しみください。

 

s-IMG_6336.jpg

 

4つ目は、カフェ・タンポポに展示されております、『タンポポ』のポスターに使用されたイラスト原画です。『タンポポ』に出演するキャストの似顔絵となっておりまして、ご覧くださったお客さまが「上手」「すごく似てる」「伊丹さんご自身で描かれたんですね!」と皆さま大変驚かれるイラストたちです。シャープペンシルだけで描かれており、服のシワやラーメンの湯気まで見事に表現されているので、ぜひじっくりとご覧ください。

 

 

s-IMG_6338.jpg

 

 

さて、ここまで映画『タンポポ』に関する展示品をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。ぜひ、上映されます映画と合わせてお楽しみください。

 

先週の記念館便りでもご紹介をさせていただきましたが、再来週は宮本信子館長がご出勤されます!

 

s-★宮本信子 (宣材).jpg

 

 

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

 

日時:6月26日(水)10時30分頃~15時30分頃

 

※状況により、急きょ予定を変更する可能性がございます。

何卒ご了承ください。

 

学芸員:橘

2024.06.03 宮本館長の出勤情報

記念館便りをご覧の皆さま、こんにちは。
気温が高くなる日が多くなってきました。これからどんどん暑くなっていくと思いますので、皆さま、熱中症など体調にはくれぐれもお気をつけくださいね。


さて本日は、嬉しいニュースをお届けいたします。


宮本信子館長の、記念館への 出勤が決定いたしました!!


20240603-1.jpg

記念館への出勤日程:6月26日(水)10:30頃~15:30頃

 

※状況により、急きょ予定を変更する可能性がございます。
 何卒ご了承ください。




普段、本当にたくさんのお客様から「宮本館長はいつ出勤されるのですか?」とご質問をいただきます。決まる前には「宮本館長の出勤情報は決まり次第ホームページのニュース欄でご案内します。ぜひ時折チェックしてみてください!」とお伝えしていることもあり、当日は、事前に情報をキャッチされて出勤時間に合わせてご来館くださる方がたくさんいらっしゃるんですよ。

ニュース欄は、宮本館長の出勤情報をはじめ、伊丹さんや記念館に関する様々な情報をいちはやく皆さまにお届けするコーナーです。ぜひ折にふれてチェックしてみてください!

20240603.jpg
記念館ホームページのニュース欄。
もちろん現在のTOPニュースは館長出勤情報です!

出勤当日は、宮本館長は私たちスタッフと一緒にお客様をお迎えします。「いらっしゃいませ!」と元気に声をかける宮本館長に、ぜひ会いにいらしてくださいね。

宮本館長・スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

スタッフ:山岡

2024.05.27 『開館17周年記念収蔵庫ツアー』開催いたしました

17周年ネタが続いてまことに恐縮――
2024年5月15日は、伊丹十三記念館の17回目の開館記念日でした。

記念館が地球上に誕生してから太陽の周りを17周!
なかなかに感慨深いものがありますが、私たちがこうして一日一日活動を重ねていけるのは、何を措いてもお客様方のおかげであります。心よりお礼申しあげます。

というわけで、開館記念日に先立ち、4月19日(金)・20(土)・21日(日)の3日間、各日2回の計6回、定員各回4名様、ささやかながら感謝の「収蔵庫ツアー」を開催いたしました。

記念館の収蔵庫の2階には"展示風収蔵"になっているコーナーがございまして、直筆の原稿・原画、衣類、食器などの愛用品や書籍が収められています。
それらの収蔵品に関する伊丹十三ならではのエピソードを交えながら、1時間ご見学いただく催しが「収蔵庫ツアー」です。

20240527_17th tour_1.JPGこんな感じでご案内しています。こちらの写真は、
「伊丹十三とインターネット」について説明中の図。
ツアー3日目、4月21日(日)午前の回にご参加の皆様です。

開館1周年から周年記念イベントとして開催し続け、すっかり定番化していた収蔵庫ツアーが途切れたのは、13周年だった2020年。例の、新型コロナウィルスの大流行のときでした。
「コロナめ~、よりにもよって"十三"周年を妨害するとは!!」と恨めしいやら悲しいやらの思いをしたものですが、14周年も15周年も16周年も開催できず......今年、やっと復活できました。なんと5年ぶりの開催!

久しぶりの収蔵庫ツアーだと意識し過ぎたせいか、いつもとは違う緊張に見舞われましたが、終始、参加者の皆様のあたたかい眼差しに背中を押していただき、全日程を完走することができました。

お客様方から頂戴したご感想と、ご紹介した収蔵品の写真ででレポートさせていただきます。

**********

個性的なイメージが強かったのですが、今回、とても家庭的な面も感じられて身近に感じました。地元に住んで前々から気になっていたのですが、やっと来られて幸せな時間でした。ありがとうございました。

原画や自筆の原稿に感動しました。勝手に神経質そうな字を書かれるのかと思っておりましたが、意外とチャーミングな字で驚きました。また、伊丹さんの審美眼にかなったものをとことん使いこまれるところが印象に残りました。

20240527_17th tour_2.jpgエッセイ「ブーツ」テキスト部分の原稿
(『ぼくの伯父さん』所収)

とても楽しいツアーでした。この記念館を訪れたのは16年ぶりくらいですが、あらためて、伊丹さんの才能とセンスの良さを感じました。詳しく説明してくださって、ありがとうございました。宮本館長さんにも、ぜひお会いしたいです。

あまり見ることのない収蔵品を見ることができ、楽しく過ごせました。伊丹十三さんの在りし日のことがしのばれます。昔のこと、自分の若い頃をなつかしく思い出しました。

収蔵庫ツアーの事、初めて知って参加しました。当時の事をなつかしく思い出すとともに、もっと作品を残してほしかったなあと思いました。そして今の時代に生きていらっしゃったらどんな作品を作ってくれたろうと思いました。

伊丹さんの映画作品をもっと鑑賞したかったです。ありがとうございます。

20240527_17th tour_3.jpg愛用した甲州印伝グッズのひとつ
青海波文様の信玄袋

1つ1つのものに、伊丹さんのこだわりが感じられて面白かったです。細かい質問にも笑顔で答えていただきありがとうございました! ガイドさんの伊丹十三愛も伝わりました。

自分が職としているデザインに通ずること、参考になることがたくさんあって楽しかったです。

映画人としての伊丹さんしか存じあげてなかったので、もう少し予備知識を携えて参加すべきでした。次回までに色んな事を勉強して参りたいです。詳細で熱いご説明をありがとうございました。

伊丹十三が手掛けた映画の資料や物がたくさん見られたので、とても貴重な経験をする事ができました。映画もまだ観られていないので、観てみたいです。

20240527_17th tour_4.jpgMacintosh PowerBook 5300ce
シナリオ執筆やレイアウト作業に大活躍

詳しく説明していただき有難うございました。伊丹さんはいろんな事に深く興味を持たれる方だとつくづく思いました。荘村清志さんと従兄弟だと知り良かったです。

衣食住すべてに伊丹さんの個性がつらぬかれています。改めて映画を見直し新たな発見をしたいと思います。ありがとうございました。

今回は珍しいものを紹介いただきありがとうございました。湯河原の部屋はリアルに再現されていて、見ごたえありました。ファッションのところもとてもよかったです。組み合わせしたものも見てみたいと思います。

中国服がよかった。ありがとうございました。

20240527_17th tour_5.jpg映画監督・伊丹十三の"トレードマーク"だった
オーダーメイドの中国服。刺子の半纏との重ね着

丁寧に解説していただいてとても楽しいツアーでした。衣類や原稿などから、伊丹さんの人となりがわかって良かったです。

とても素晴らしい内容で感動いたしました。また来たいです。

この度は、これほどまでに大変貴重な夢のようなひとときを過ごすことができ、一生の忘れられない経験となりました。伊丹さんが生きておられた時代を共に生きてきたひとつひとつのものが呼吸をしているように伊丹さんの人生と芸術を力強く支えていたこと、1つ1つを愛して大切に愛でておられた伊丹さんの生き様、周りの方々を愛しておられる姿と重なり、より深く、伊丹さんの映画、エッセイや作品、著書、俳優業、イラストetc...全ての芸術への尊敬と愛が強まりました。伊丹さんがご家族のみなさま、ご関係者のみなさまと共に大切に過ごしてきた日々の中で、収蔵されている品々を長く大切になさっておられたことをおもうと、目頭が熱くなるおもいがいたしました。拙い文章で大変恐縮ではございますが、いただいたこの想いと熱をまた自分の中で昇華していけるように、精進をすすめてまいりたいとおもいます。本当にありがとうございました。皆様日々健やかにお過ごしできますように。

20240527_17th tour_6.JPG湯河原の伊丹邸の一室を再現したコーナー
丸いテーブルは家族の食卓、本棚には本がビッシリ!

貴重な収蔵展示を見せていただき、感動しすぎて言葉にできないほどでした。伊丹十三さんの普段知る事ができない日常生活を感じられ、より深く魅力を知り、学芸員の中野さんの素敵な解説で本当にありがたく素敵な時間を過ごさせていただきました。

伊丹十三さんの人間性の豊かさ、スケールの大きさを痛感致しました。初の記念館見学、まことに有意義でした。又、説明の方がわかり易く話して下さって、時々の質問にも気軽に答えて下さって、道中、心豊かに見学できました。ありがとうございました。身内の者や友人にもPRし、同行させていただきます。

*************

名物イベントでも5年もお休みしてしまったから忘れられているんじゃ......との不安をよそに、多くの方がご応募くださって感激いたしました。
そして、募集してみると、「収蔵庫ツアーというイベントがあるのを始めて知りました」という方が案外多いことが分かり、そういう点でも「やっぱり開催することにしてよかったな」と思いました。

今回の収蔵庫ツアーは、ほぼ全ての回が抽選となりましたため、落選となった方、申し訳ございませんでした。
また来年4月に開催したいと思っておりますので、募集情報を公開する3月上旬頃、ホームページを覗いてみてくださいましたら幸甚です。

伊丹十三記念館のメンバーズカード会員制度では
ご優待特典として年2回収蔵庫をご見学いただける
会員様限定ツアーをご用意しております。

「開館して17年」とお伝えすると「え~、そんな風に見えない!」とビックリなさるお客様がたくさんいらっしゃいます。(自分が実年齢より若く見られる以上に嬉しいんですよねぇ(笑))

修繕にかかる費用は決してお安くありませんが、いつまでも若々しい記念館でいられるよう、また、スタッフも若々しさを維持しながら成長していけるよう、一同努めてまいります。
18年目もどうぞよろしくお願い申しあげます!

20240527_7.jpg20240527_8.jpg改正博物館法における「登録博物館」の認定証とプレートをいただきました!
5月18日(土)「国際博物館の日」より、プレートをロビーに掲出しています。

学芸員:中野

2024.05.20 開館17周年


5月15日、伊丹十三記念館は開館17周年を迎えました。
17周年記念日には当館の宮本信子館長の記念館便りが更新されました。
ご覧いただけましたでしょうか。

宮本信子館長からのメッセージ

5月15日・伊丹十三記念館は17周年を迎えました!


メッセージ内の
「ついこの間のような~~、もうずっと昔のような~~(笑)」
この一文の通り、2007年5月のことをついこの間のようにも、もうずっと昔のことのようにも感じます。


最近では生前の伊丹さんをご存知ない世代の方のご来館も目立ち、月日の流れを感じるところです。


開館当初の中庭

0520-1.jpgのサムネイル画像


開館から17年が経過した現在の中庭

0520-2.jpgのサムネイル画像


開館当初の中庭の桂

0520-3.jpgのサムネイル画像

開館から17年が経過した現在の中庭の桂

0520-4.jpgのサムネイル画像

開館当初の伊丹十三記念館の外観

0520-5.jpgのサムネイル画像

開館から17年が経過した現在の伊丹十三記念館の外観

0520-6.jpgのサムネイル画像

写真を見比べてみると時は確実に経過しているようです。

今後とも伊丹十三記念館をよろしくお願いいたします。

スタッフ:川又

2024.05.15 5月15日・伊丹十三記念館は17周年を迎えました!

 

 

 

5月15日・伊丹十三記念館は


17周年を迎えました!


  

  5月の風が吹き抜ける中庭。
  大きく育った桂の木が気持ちよさそう~~。
  葉っぱと葉っぱが歌っているようです。

  

  17年前、開館日の当日を思い出していました。
  大勢のマスコミ関係の皆さんや、
  列を作って待っていらっしゃるお客様のお顔や笑い声など・・・。
  そして、受付のロビーでスタッフと円陣を組みました!

  

  ついこの間のような~~、もうずっと昔のような~~(笑)

  

  記念館を御覧になったお客様の声。
  「また来ます!楽しかった」「時間が足りない!」
  「よかった!友達にすすめます、絶対!」とか
  「こんなにいい記念館!続けるのは大変でしょうが、
  無くならないで下さい。応援しています!」

  

  嬉しいお言葉を頂いて本当に嬉しく思いました!
  お客様から励ましのお言葉をいただき最高です。
  ありがとうございました!

  

  スタッフ一同、お待ち申しております!
  又、お逢いできますように~~。
  どうかお身体御自愛下さいませ。
                 

感謝
宮本信子